離婚 何とかなった

離婚しようと思ったけどしなくて何とかなった
MENU

離婚しようと思ったけどしなくて何とかなった

二人目の子供が生まれたころは最悪でした。二人目の子供が生まれて、私は育児と家事で精いっぱい。旦那に見向きもしなかった日々でした。そしてありがちな旦那の浮気。

 

「子供ばかりでさみしかった、俺の居場所がないように感じた」なんだよ、私が必死で育ててるのは誰の子供だと思ってるんだ!ととても腹が立ちました。別居や離婚が頭をよぎりましたが、とにかく今は子供を育てて自分も体力回復しなくてはと思い、旦那とはぎくしゃくしたまま1か月過ぎました。

 

そのころ差出人のわからない封筒が届きました。旦那の不倫相手らしく、早く別れてくれ、子供を連れてさっさと出ていけ、と。ご丁寧に二人で撮ったらしい写真まで添えてありました。

 

そのとき、初めて旦那ではなく不倫相手に怒りを覚えました。かなり離婚に心が傾いていたのですが、こんな女に家庭を壊されるなんて我慢がならない、絶対旦那の心を取り返してやる、と決意しました。

 

まず、暖かい家にして旦那が快適に過ごせるよう気を配りました。旦那の好物を用意し、どれほど自分が眠くても朝は弁当を作り「いってらっしゃい」、夜は「おかえりなさい、お疲れ様」。

 

そして育児にも旦那を巻き込み、これをして、あれをして、パパだから喜んでるね、パパが大好きだから、と持ち上げ家族の一体感を演出しました。正直最初は、旦那の心を取り戻したら、その時に離婚してすっきりしてやる!と思っていました。

 

しかし私の作戦はまず旦那を変えました。飲み会ばかりだったのに、仕事が終わったらすぐ帰ってくるようになり、子供と楽しそうに遊んでいます。そんな姿を見ていたら私もなんとなく、離婚してやる!といった感情も少しずつ減っていきました。

 

そして結婚記念日の日、小さな花を渡され、「今まで悪かった」と謝ってきました。その一言で、離婚する気はなくなりました。浮気したのは事実ですが、旦那は変わってくれました。今は平和なので離婚しなくてよかったと思っています。
"

このページの先頭へ
キャッシング 申し込み書類