にんじんの保存方法

にんじんの保存方法
MENU

にんじんの保存方法

にんじんは根菜のなかでも足が速い方で、安売りのときに大量に買ったのにすぐに冷蔵庫の中でふにゃふにゃに、ということも少なくありません。

 

にんじんはそもそも土の中で育っているわけですが、収穫後に空気に触れると他の根菜と比べても早く品質がおちてしまう性質があります。伝統的な保存方法としては収穫後の土を落とさずに保管する方法や、表面に砂をまぶして保管する方法などがあります。

 

では、スーパーなどで買ったにんじんを長持ちさせる方法はあるのでしょうか?

 

@冷蔵庫で長持ちさせる方法
スーパーなどでにんじんを買ってきて、そのまま袋に入ったままにしておくとにんじんは数日で腐ってしまいます。これは袋の中のままでは湿度が高くなりすぎるためです。湿度をおさえるためにはまず袋からだし、新聞紙などで複数本を包んで野菜室へしまいます。新聞紙で包むのは、前述のとおり湿度を高くなるのを防ぐためと、日光への露出も防ぐためです。

 

この方法だとにんじんの寿命を数週間のばすことができます。
買った時に泥や土がついている場合は、できるのであれば泥土はかるく落とすまでにしてそのまま保存したほうが長持ちします。

 

A冷凍する方法
にんじんは意外にも生のまま冷凍することができます。にんじんを生のまま冷凍するときのおすすめとしては使うときの大きさ、千切り、キューブ、スライスなどにして冷凍するのがおすすめです。丸のまま冷凍をすると切る前に解凍しなくてはいけないですし、解凍の仕方によっては風味を損ねてしまいます。

 

切って冷凍したにんじんは、加熱調理して使います。スープや煮込みなどに直接入れ、調理する時の熱で解凍します。
こうして冷凍にんじんは平均2-3ヶ月はおいしく食べることができます。

 

Bピクルスにする方法
こちらはすこし上級編の保存方です。おいしいにんじんをサラダや生に近い状態で食べたい方にはこの保存方法がおすすめです。ピクルスを作る手順は
最初に保存用の瓶を煮沸消毒するところから始まります。鍋にお湯を沸かし、保存用の瓶とふたを熱湯消毒します。100度のお湯で1分つければ煮沸消毒は完了です。

 

にんじんをお好みの大きさに切り、一度湯通しします。
沸騰したお湯で5分ほど茹でればOKです。ここまでの手順を逆にして、この沸騰したお湯を煮沸消毒に使っても問題ありません。

 

ピクルス液のレシピは
酢1カップ
水2カップ
砂糖70グラム
塩大さじ1
粒コショウ10粒
ローリエ1,2枚
とうがらし(種を抜いて) 1本
以上をお鍋で一度沸かし、冷やします。

 

さいごににんじんをピクルス液をあわせて瓶に詰め、一晩つければ出来上がりです。ピクルスの賞味期限は1週間と言われていますが、殺菌をきちんとしておけば数か月もつ保存食としてもつかえます。

 

保存方法のコツ

関連ページ

淫乱女性が出没
淫乱女性が出没
ドローンでの配達
ドローンでの配達
このページの先頭へ
キャッシング 申し込み書類